LIXINDU JAPAN

牧場からクローゼットへ

夢中で最高のカシミヤを追い求めていたら、
いつの間にか内モンゴルまで来てしまった。
そこで出会ったのは、伝統的な方法で
カシミヤ山羊を放牧する農家の人たちだった。
急速に現代化するアジアの中で、まだこんなふうにして
最高のカシミヤの原料を育ててくれていることが嬉しかった。
料理と一緒で、最高の食材はシンプルに料理することが一番。
私たちのカシミヤも最高の原料だから、
そのままシンプルに味わってほしい。
だから、奇をてらったデザインもしないし、
あなたのクローゼットにさり気なくあって、
でも、出番が多いワードローブを私たちはつくりたい。

「最高の原料をシンプルにつくる」
「あなたのクローゼットに、最高のカシミヤを届ける」

これが「BEYOND FARM TO CLOSET」のコンセプトです。

▶最高のカシミヤができるまで click

MODEL BEYOND FARM TO CLOSETのモデルたち

「BEYOND FARM TO CLOSET」には、モデルがいます。
それは、建築家のスティーブ(43歳)と、
インテリアデザイナーのケイト(41歳)。
彼らは、マンハッタンに住む夫婦。
原料にこだわった本物のカシミヤウェアは、
彼らの生活に欠かせない、大切なもの。

STORY of STEVE & KATE

ウェストチェスターのセカンドハウスからマンハッタンへ戻る車中で、二人は自宅の改装のことを話していた。
金曜日の夜から日曜日までのこの時間が、質の高いウィークデイのハードワークを実現していた。
スティーブが最近気に入っている、カフェインテグラルがローストした豆で煎れた
コーヒーを飲みながらのちょうど良い距離のドライブも、二人が大切にしている時間だった。
新しいVOLVO V90は小さなエンジンとは思えないパワーある走りで
スティーブは良い買い物をしたと一人ごちていた。
インテリアデザイナーのケイトにとって自宅は最高の究極のラボであった。
友人を招いて自宅で食事することが好きなケイトは、キッチンとリビングを一つなぎに改装しようと考えていた。
建築の仕事をしているスティーブも、ケイトのチャレンジに乗り気だった。
もう少し暖かくなったら二人が好きなミッドセンチュリーモダンのテイストを掘り下げるためにも
デンマークとスウェーデンにリサーチの旅に出ようと相成った。
二人のクリエイティビティを刺激するものは旅である。
その支度も、旅の一部のように楽しむのが二人の約束だった。
リサーチだから動き回ることを考えると、軽いニットが一番便利だと知っている。
最近気に入っている、「春に着るカシミヤ」。それは「エアーカシミヤ」。
軽くてスポンディッシュで、手洗いもできて、カシミヤ特有の高級感のあるツヤも兼ね備えている、最高のニット。
この魔法のようなニットを知ってからは、少しずつカラーを揃えて楽しんでいた。
寒い飛行機の中も、ホテルの中も、エアーカシミヤのストールがあれば何も心配がなかった。
デニムにも、少しドレスアップするときも、スタイリングの幅が広いニット。
これが今回の旅の主役になることは間違いなかった。
春の訪れは、もうそこまで来ていた。

to CLOSET お買い上げの方にプレゼント

レッドシダー

カシミヤ製品を長くご愛用いただけますよう、BEYOND FARM TO CLOSETの商品をお買い上げの方に、ナチュラル防虫効果のある「レッドシダー」1本をプレゼントいたします。香りが弱まってきたら、表面をサンドペーパーなどで削っていただければ、長くご使用いただけます。

▶ページTOPに戻る